FREEWAY競馬投資法 実践マニュアル Ver.2.20

岡山 津山市周辺でインプラント定評のドクターを探すなら

岡山 津山市,インプラント治療名医,北歯科医院

岡山 津山市周辺でインプラントで定評のある精通した名医をお探しならば、北歯科医院があがります。
院長の大前 正範先生はインプラント治療を得意とする評判の高いベテランのドクターなんです。

 

当サイトからの治療相談申し込みについては、インプラント治療前のCT撮影を含む検査・診断が無料です。

 

>>インプラント 北歯科医院 無料歯科相談の電話予約<<

 

岡山 津山市,インプラント治療名医,北歯科医院

 

 

北歯科医院で良いと思った点としては、最先端のインプラント治療技術に精通していることはもちろんとして、こんな点があります。

 

痛くないインプラント治療が可能です
患者様に詳しく説明をしています
治療後の定期健診(メンテナンス)を行っています
個室でインプラントのオペをしますのでプライバシーが保たれます
インプラント保障を10年間、いたします

 

北歯科医院院長の大前 正範先生は、大阪歯科大学 卒業
大阪歯科大学非常勤講師
日本歯科医師臨床研修指導医
日本歯科保存学会(専門医)
日本口腔インプラント学会
日本歯科審美学会卒業。

 

インプラント治療で定評あるベテランドクターです。

 

岡山 津山市,インプラント治療名医,北歯科医院

 

マイクロルーペという拡大鏡を使った精度の高い治療をしてもらえます。

 

 

略歴
昭和50年 岡山県津山市生まれ
平成12年 大阪歯科大学 卒業 歯科医師免許取得
平成16年 大阪歯科大学大学院卒業 博士(歯学)号取得
平成17年 岡山大学病院 助教就任
平成21年 北歯科医院(祖父の医院)継承
平成23年 北歯科医院移転リニューアル
平成27年 ホワイトエッセンス加盟(日本最大の審美歯科グループ)

 

>>北歯科医院の動画が見れるサイトはこちら

 

 

北歯科医院大前 正範先生の説明は非常にわかりやすくこちらが理解できているかを
確認しながら進んで行く感じが非常に焦ったりしなくて理解がより深まります。
ただでさえインプラントなど治療の説明は専門用語が多く戸惑いがちなんですが、スクリーンとかの画像を交えてゆっくりと確実に説明してくれます。

 

結果、患者それぞれの症状や希望を基に、的確な治療法が提案されているんだと実感します。

 

「他のクリニックで相談してみたけど、わかりにくい・・・」という
患者さんが北歯科医院に来院するというのがわかる気がします。

 

痛みにも配慮した最先端の治療法もいいです。
術後の痛みは麻酔が切れるので、多少ジンジンと痛みますが
その痛みもしっかりケアして先回りで説明してくれるので安心です。

 

あまり痛みを感じたくない・・という患者さんは選ぶべきですね。

 

 

大前 正範先生やスタッフのみなさんのコミュニケーションの良さもとても感じが良くおすすめです。

 

人気で混んでいますが、いざ予約が確保されれば、予約時間にほぼ待ちなく受診できるのも良いです。

 

北歯科医院は、おそらく岡山 津山市では、いちばん雰囲気がよいのではないかと思います。

 


北歯科医院岡山 津山市

北歯科医院のご案内

 

名称:北歯科医院

 

院長:大前 正範

 

所在地:709-4603 岡山県津山市中北下1269-9

休診日:木曜・日曜・祝祭日

診療時間:月・火・水・金 :9:00〜12:30 15:00〜18:30

土: 9:00〜12:30 15:00〜17:30

アクセス

痛みの少ない、確かな技術、安心のインプラント治療は・・・

 

北歯科医院岡山 津山市へお気軽にお問い合わせください。

 

>>インプラント 北歯科医院 無料歯科相談の電話予約<<

 

岡山 津山市,インプラント治療名医,北歯科医院

↑↑当サイトを経由の特典↑↑

岡山 津山市,インプラント治療名医,北歯科医院


インプラント治療は、保険が効かない自費治療となりますが、
各種クレジットカード等も使えるので詳しくはお尋ねしてみてください。

 

岡山 津山市,インプラント治療名医,北歯科医院

ミニ知識

インプラントの最新治療法

骨が少ない場合のザイゴマインプラント
上顎の骨が極端に少なく、そのままではフィクスチャーを埋め込めない患者さんの場合、事前に骨を移植するなど、骨を増やす治療(骨造成)を行う必要があり、これまでは、非常に長い期間がかかっていました。ザイゴマインプラントとは、骨造成を行わなくてよい治療法です。ザイゴマとは頬骨のことで、その名の通り頬骨まで届く長いフィクスチャーを埋め込みます。頬骨は歯槽骨と異なり、やせ細ることがないという性質を利用したものです。長いフィクスチャーを上顎白歯部や口蓋側から上顎洞を貫通させて頬骨に直接埋め込む手術が行われます。これにより、顎の骨の少ない患者さんの治療が短期間で行えるようになりました。